読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

どっちに動くか分からないのに、勝つ(負けない)という技術への矛盾

個人的なダラダラダライ・ラマ

またまた壁にぶち当たっている。

デモトレは初めて良かった。

力になって、それが試せたので。

でも、本当の力や技術というのは戦いの中で磨かれるもの。

研ぎ澄まされる刀をイメージして鍛錬しているが、俺はただ砂鉄を集めていただけなのか、それともくず鉄ばかりの素材で刀匠の真似事で終わっているのかよく分からない。

 

相場がどちらに動くか分からないという事を何回も経験する。これからもだろう。相場にいる限りずっと続く。

しかし、「分からないこと」が分かってもその次の壁がある。「勝てない」だ。

いや、負けてしまうということだな。負けなければ勝てるわけだから。

 

負けるのはポジポジ病とか、チキン利食い損切り貧乏だったり色々な要因がある。その一つ一つを精査して、対策立てて、苦手を潰していく。この一連の作業をやらなければいけないことは分かるのだが・・・。

 

シナリオがあり、ストップとエグジットを決めて、エントリーして、利食い又は損切り

この単純な流れを淡々とやるだけなのだが、相場環境は同じ動きは2度としてくれない。そういう前提条件の中で戦う。

 

本当、今日は何を書きたいのかはっきりしない。

検証作業で勝てる。しかし、デモはダメ。超える壁であることを理解しているので、超えられないとは思ってない。

・デモトレで2倍

・リアル1枚(資金10万から2倍)

・リアル資金飛ばし

・月単位負けない

・月単位400pipsから1000pips

まだまだ壁はあり続ける。

 

 

動く可能性のある、優位性のある方向に賭け続ける。

 

だめだ、全然まとまらない。

 

 

動きがわからないのに儲けるということ。

言葉にするとすごく不思議だ。

なんで俺はFT2で勝ててるんだろう?

何度もやって、動きを知っているというのもある。

 

なんで何だ?

なぜ勝てて、どうやって勝てて、なぜ負けて、負け続けるのか。

 

よく考える。

考えすぎても答えが無いということもある。

答えがないことをいつまでも考えすぎても良くない。

次へといけないから。

 

 

ほんと、今日はまとまらない。

検証作業が正しい道へとちゃんと導いてくれるかどうかという不安感の上でゆらゆらしているからなのか。

 

チームや、SNSに入っても結局やることは一緒だと思って再入会はしなかった。モチベーションの刺激し合いもあるのは知っているけど・・・。

 

プライドなのかな。

自分はやれるんだっていう特別感に酔っているのか・・・。

 

いや、でも最後には個人でやるしかないんだ。

投資家は孤独なもの。

この修行期間の孤独に耐えられないで、10万を100万にすることすら出来ない。

 

耐える。

検証に苦しむが、もがこう。もがき続けよう。続けよう。稼げるまで。

 

まとまった・・・?

 

 

追記2016年5月21日午前3時47分

 

信念を強く持とう

「俺は勝ち続けるFXトレーダーである」と!