FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

2016年6月を振り返って

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」

速攻軍資金行きです。

退場リスクが下がるし、余裕を持ったトレードが出来る。

____________________________________

スキャルピングというものに興味を持つ。

blog.livedoor.jp

 

よっし~さんのブログを知り、改めて水平線の有効性やローソク足の重要性を勉強することとなった。(現在もブログの実戦問題を説いたり、記事を読破中)

 

 

f:id:kamogawa00:20160630152811j:plain

f:id:kamogawa00:20160630152829j:plain

6月24日のイギリスのEU離脱国民投票という大イベント。

これに向けて、相場は大荒れ。月前半でも突発的に動いていて、さながらジェットコースターの様だった。

月後半は言わずもがな、阿鼻叫喚の世紀末。大都市の人身事故は年中あるけれど、24日前後はFXでの退場、追証により身を投げうった人が多かったんだろうと思う。1日で退場出来るだけのボラリティがあり、容赦無い動きで大なたに引っかかる人が沢山だった。

 

個人的な話で言えば、損はしてないけれど失敗した。

下手に入れば今月貯めてきた貯金pipsを全て吐き出すリスクがあることも承知の上だった。だから、こういう相場の日は様子見に徹して、来週から参加すればよかった。

獲得pipsで言えば、プラスで終われた。けれど、24日時点で大幅マイナスだったので負けたと思っている。

 

こういう大イベントに参加してみて、経験値にして、次に活かせばいいと振り返ってみて思う。また、リーマンショック級の相場を体験してみてよかった。

先月に比べて、成長はしている。しかし、自分の思うような成長は描けていない。

トレード日誌書くのをサボったりが何度もあった為。

 

 

・7月に向けて

 

デモでのデイトレードを一旦封印します。

理由としては検証不足により、力がついていないこと。

一日中チャートを見てられるので、意識がそちらに取られてしまい、検証がおざなりになってしまっている。

 

検証方法も3月から暗中模索、試行錯誤の連続でした。

環境認識、メンタル的なものを含めてトレードスキルのレベルアップを経たかな?と思ってはデモトレードに戻るというのを繰り返してきたわけです。

 

勝っている人の修行期間に比べたら無駄だらけですが、過去は気にせず、前を向いてやっていきます。サンクコスト、もう戻ってこない時間ばかり気にしていてもだめ。

 

1日の終わりにトレード復習はやります。

 

8月中旬ごろにデモトレに復帰して、手応えを感じ取り、9月からリアルトレードですね。

具体的には月400pips獲得してからですね。それから1万通貨運用。

 

また言うことやることが2転3転するかもしれませんが、大事なことはチャートと向き合って、勝負所を見極めて、入れるところで入り、切る所で切り、出る所で出る。シンプルに研ぎ澄ましていきます。

 

f:id:kamogawa00:20160714032217g:plain

f:id:kamogawa00:20160714032222g:plain

gif作ってみたけど、グラフで良いわなぁ。

エクセル勉強しなきゃ。

そして、どの月も途中からしか作ってないという。