読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

【デイトレード日誌】2016年7月21日木曜 ポンド円 -156pips 大敗、そして灰に帰す

退場じゃないけど、ボラリティに殺された。

f:id:kamogawa00:20160722011502j:plain

f:id:kamogawa00:20160722015303j:plain

本来のトレードなら-64pipsだが、予期しない損失トレードもあったので結果こうなる。

 

f:id:kamogawa00:20160722032124j:plain

f:id:kamogawa00:20160722011854j:plain

 

大陽線の後の相場、半値戻しのリバ上昇狙い。

素直に上昇フラッグ抜けの売りでいいよね。って後になった思うが。

でもボラがデカいから、ストップの広さにビビってスキャルで短期狙ってしまう。

1分足、5分足を見てのエントリーはしてません。

でも短期逆張りならスキャルになるから見ないといけないよね。

だから、長期目線(時間足)で考えてタイミングを測って、順張りするべきだった。

 

ピンクのマイトレード

f:id:kamogawa00:20160722013202j:plain

売り。

ストップは直近高値。後に一個上の戻り高値に動かします。

レンジ気味に見えたので。

高値切り下げ、下ヒゲ陰線で下げの流れ来るよーってイメージで。

しかし、1時間足の形はもっと戻りがありそうな、利食いの形。

安値切り上げているし、4時間足で戻しているし。

嫌な予感はしつつ、大きい流れを信じる。

最後の一押しである戻り高値を上抜けするが、伸びずにwトップの上げ止まり。

つまり、売りも買いも厳しい。

 

f:id:kamogawa00:20160722013339j:plain

損切り

 

ドテン買い。

ストップは直近押し目

これは飛び乗り。負けて熱くなって根拠のないトレード。

高値更新で入るけど、これ伸びないのが分かりきってる。

伸びるにしても、戻しを待って押し目で入らないと。

m15大陰線の半値戻し達成気味、買いの逆張りにしても波の途中で入っている。

全然下からじゃないので優位性低い。

 

損切り

当然の帰結。

入る場所が悪いから最初から分が悪い勝負。

まず勝負にならないんだけれど。

これも若干のプラスになった時に、当日損失を取り戻したくて建値トレール(いつもならしてる)せず。

m15レベルでの最安値からのN波動を意識しすぎた。

 

 

 

前日のこれ

f:id:kamogawa00:20160722014911j:plain

逆張り売り

 

建値決済(したと思っていた)

 

前日夜のトレードがソフトの不調で固まったので、約場履歴アップできなかった。ので後日上げる予定だった。

ストップを建値近辺にずらした所で固まったから、あーどうせ引っかかってるだろって楽観してた。

ところがどっこい、大陽線で突き抜けた後に指し値決済されておる。

こんなに引っ張ら無いよ。本日の、間抜けな逆張りしといて言うのもおかしい気がするけれど、こんなに特大に広げない。

 

身に覚えがない。

寝る直前だったから(昼夜逆転生活になってます)なのか?

とにかくちゃんと確認しなかった俺が悪いです。

 

黄色の復習m15

押し目買い。

ストップは一個下のレジ下。

安値切り上げ、中段持ち合い抜け。アセンディングトライアングル。

 

まぁこれはレジサポ転換までの押しを待つだろうから、高値超えで入ると思う。

しかしまぁそうなったらwトップが怖いけど。

 うーん、短い5分足で高値切り下げのダウが崩れたら入る、でいいかな。

N波動気にするなら、高値超えで入った所であんまり取れない。

 

利食い

高値切り下げ。

142.2のキリ番到達で利食い勢が押しを作る。

 

押し目買い。

ストップはサポ下。直近押し安値に置くべきだが遠い。

レジサポ転換。5分だと安値切り上げ、wボトム。

 

黄色1に比べて押しが長いので、終りが近い。(後から分かる事だが)

 

利食い

直近高値更新するも実体で抜け切れず、上昇バイアスレンジ形成かなと。

建値トレールして、高値切り下げの2番山wトップ待ちが現実的。

 

ディセンディングトライアングルの形になって、高値切り下げ。

利食いのタイミングとしては高値切り下げ待ちが常になる。

しかし、ヒゲで下抜けしたりして下げるかな?ッて感じ。

 

押し目買い。

ストップはサポート下。

レジサポ転換、ヒゲで安値切り上げ。

レンジ下限から買い叩く。

最高値を作った押し安値を割れないので、買い攻め。

wボトム、トリプルボトムで決め打ちで入るのもアリという気がするが、レンジ内の下げトレンドの戻り高値ネックライン割れで入るほうが安全かな。

 

利食い

レンジ上限で反発。

ヒゲ3連。大きく三尊。

レンジを信用するならドテン売りもありだが、今の技術では難しい。

 

戻り売り。

ストップはサポレジ転換後のレジ上。

レンジ下限割れから下げ更新の十字線、ピンバー後の足切り替わりで入る。

 実体で抜けて、反発が少ないので黄色1レベル抜け期待のトレード。

 

利食い

下ヒゲでピンバー2連、十字線。

時間足レベルのサポート到達。

1個前の安値揃い、サポートでツーバーリバーサル。

そこで利食いして、最後のひと波の尻尾は逃すのが普通かな?

この利食い位置は出来過ぎだなぁ。

1個前の安値で戻りが入った時点で決済が普通。

急落なので確実に利確が出るし、左側の押し安値の壁をことごとく壊しているので戻りを計算に入れてトレードするべき。

 

 

まとめ 

操作ミスで大きくマイナスは辛いでござる。

徐々にトレードを減らす。

理想は1日2発程度。

サポレジ転換、レジサポ転換の順張りを心がける。

ブレクジット後のハイボラリティに振り回され続けるようなら、通貨を一旦変える。どうしても大きく上振れや下振れしてしまい、損益振り幅が尋常じゃない。

抜け期待のエントリーより、抜け後の順張りエントリー。

チャンスまでちゃんと待つ!!何もしないのも立派なトレード。

 

チャンスがないならそれまで。明日も在る。そういい聞かせる。

飛び乗り厳禁。駆け込み乗車ばっかりしてるといつか事故に遭う。

今回みたいな操作ミス、ソフト不調、天災、ブラックスワン(←合ってるけ?)じゃ済まないレベルも出てくる。逆指値が機能しない相場も在ることをゆめゆめ忘れてはならん。