FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

FXで学ぶもの

それは金融リテラシー

何もお金稼ぎだけを学ぶのではない。

 

日本の金融教育は殆ど無いに等しい。

今の義務教育(高校大学含め)は、戦後直後に作られた教育指導要領で授業が行われている。

戦後70年以上たつのに、未だに時代遅れの教育をしているのはおかしい。

時代に即した形に変えるべきだが、この教育のおかげで稼げている人達は「そのままでいいよ」と思っているに違いない。

国がいつまでも時代錯誤の教育をするその目的は、上の人が言うことを文句言わず実行してくれる「兵隊さん」をいつまでも生産・供給してもらいたいから。

教育内容の大半は知識を詰め込み、問題に対し答えが一つであるという洗脳をされる。

知識の詰め込みが悪いわけでは無くて、why?という何故の部分から発展しない事が課題である。

なぜ勉強するのか、なぜこういう事を学ぶのかという視点の欠如だ。

正解が一つしか無いという設定に、物事を色々な視点からみる姿勢はない。

もっと色々な道があるよ、可能性があるよと教えてくれる事が大事だと思う。

戦後直後の発展途上国ではもうないのだから、先進国らしく仕組みを変えるべきだと思う。

先進国らしい金融リテラシーの教育が無いから、愛想が良いべっぴんさんな銀行員に勧められるがままに、定年退職金の大半をよく調べもせず儲かりもしない投信信託につぎ込んで「損した!どうしてくれる!」と騒ぎ出すハメになる。(どの時代にもいそうな典型的なおっさんではある)

 

投資は、自己責任です。

 

繰り返しお伝えします。

 

投資は、自己責任です。

 

そういう基本中の基本、イロハのイさえ学校では教えてくれない。

契約書の小さい文字の中に分かりにくく書いてあるが、総じて損する人が時間かけて目を通す事はない。

労働者で40年以上(教育含め60年以上)自分の頭で考えることをしてこなかった人間が、調べもせず投資をするのがおかしい。

中には本読んだり、人に聞いたり、セミナー行ったり、勉強会に参加したりして投資する人もいる。

だが、大事なことは教えてくれないし気づかない。

なぜかというと、教えたら投資しなくなるからだ。(この賢明な判断をする人はごく少数。)

それは本の著者、セミナー主催者、銀行員が稼ぐためにやっているという事実を忘れている事。

彼らも稼ぐためにやっていて、勿論あなたに投資で稼いでもらいたいという建前はあるが、本音は「儲けようが損しようがどうでもいい」である。

もっというと、自分以外の全員があなたの財布を狙っているということ。

 

このハイエナに囲まれているという危機感があまりにもない。

夜中に女性一人で出歩いても平気で平和な日本。

周りがハイエナ、ライオン、チーターに囲まれているガゼルの気持ちを知ることなどない。

平和ボケした人よ、リスク無し、元本保証で大儲けしたいだなんて・・・「お前、それサバンナでも言えるの?」っていう話だ。

自分の財布を虎視眈々と狙う人がいる。

そういうことを受け入れた時に、詐欺への耐性がつく。

FXや投資を勉強する中で学べたのは、そういう詐欺師に対する視点だ。

詐欺師目線でどういう人がカモになるかを考える。

騙されたことがない人、たんまり溜め込んでいる人、儲けたくてしょうがない人、金融リテラシーなんて学んでない人達・・・ん?あれ?日本はカモだらけ!!

詐欺師にしてみたら天国みたいな漁場に見える。

入れ食い状態、ブルーオーシャン

だから、どうか義務教育でお金の教育なんてしないでと思っている悪い人は沢山いる。

勿論悪い人ばかりではなく、銀行員、証券会社のセールスマンなど大企業で働く人たちも思っている。

CMやってるし、人がいいし、皆やってるし、景気が良いし・・・という甘い考えでノコノコ財布を持っていく。

なぜ彼らが高給取りなのか、なぜ懇切丁寧に説明してくれるのか、なぜ清潔感溢れる美男美女が優しく接してくれるのか、なぜ得することだけを熱く語ってくれるのか。

彼らの目線で深く考えてみたことがあったかどうかだ。

 

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

芸能人も一人の人間で、稼げる人達でありお金を持っている日本人の一人。

騙される人が後を絶たないのは仕方のない事であるが、騙された後に詐欺師を逮捕したって詐欺被害は減りはしない。

国が予防策を打たねば改善は見込めない。

年々増える詐欺被害、詐欺まがいの投資での損失をどう捉えるのか。

 

tocana.jp

 

働く人の大多数が労働者であり、その人達の愚痴や文句が「お金持ちは悪いことして稼いでいる」という声になる。

そういう刷り込まれた価値観で、お金のことを勉強しないのは人生レベルの損失だ。

 

投資で学んで欲しいのは、お金稼ぎだけではない。

これから上がる銘柄や、価値が上がる土地や超大儲けできる秘密の投資案件を知ることばかりではない。

 

誰の財布から自分の財布に入れたいのか、逆に自分の財布を狙う人達がうじゃうじゃいるという事をひっくるめて学ぶ。

お金について考えるという事の本質を見失っては、食われるがままになる。

悲しいかな日本の学校や会社では金融リテラシーは教えてくれないし、学ぶ必要性がないと見なされている。

そんなことはない。

義務教育から教えるべきだ。

そうしなければ、自分のお金を守る術を、騙されてからスタートして学ぶ羽目になる。

スタート位置をもっと手前にして、美味しいもの食べたり、感動する景色を見に旅行したりして、お金を有意義に使って幸せになってほしい。

 

少子高齢化社会で騙される老人がこれから益々増えると予想している。

騙されて人生に絶望して電車に飛び込む人が少なくなると、未来はもっと明るいものになると思う。

 

最後に・・・

 

(投資で騙されても)「あきらめないで」(真矢み○風に)