読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

【GBPJPY/ポンド円】2017年2月14日火曜 -25.2pips

はいボロ負け。

 

 

f:id:kamogawa00:20170215154245j:plain

f:id:kamogawa00:20170215154249j:plain

かなり減った印象だけど、地味にプラス5pipsが効いてるという印象。

最後のポジションはスプレッドで狩られた・・・のか?

チャート上の数字だと回避できているはずなんだが、証言会社のストップ刈りなのかと勘ぐってしまう。

取り返そうとしましたね。

悪癖治らず。

治す努力が足りないだけなんだが。

 

f:id:kamogawa00:20170215160214j:plain

長期で三角持ち合い。

明確なトレンドは出ていない。

f:id:kamogawa00:20170215160217j:plain

上のトレンドラインを上抜けしたので、上げ優位。

一個上の戻り高値を目指す展開か。

f:id:kamogawa00:20170215172721j:plain

大きいレンジなのか?という動き。

大陽線なので、買いが強い。

しかし、もう少し戻りがあってもおかしくないと感じる。

f:id:kamogawa00:20170215160221j:plain

レンジで高値切り下げての1日なので、売りたい。

しかし、買い目線からのレンジなので買いの形になるまでは待つシナリオで。

レンジ抜けの勢いに乗ればよかったと後悔。

戻しを待ったが、置いて行かれた。

大陰線と大陽線も。

アウチ。

f:id:kamogawa00:20170215160223j:plain

黄色はマイトレード

 

S1

売り

押し安値まで狙う。

 

E1

押し安値反発で利食い

 

5pipsしか取れてないので拍子抜けした。

急激に動いたので滑ったのもあるし、押し安値の反発が早かった。

15くらいは取れた感触があったんだけど・・・。

これは飛び乗りトレードを自覚している。

もっと戻りがあるはず!!と思い込んでいたけれど、19時の切り替わりで急激に伸びたので押し安値まで行くのが分かったので乗った。

 

希望はピンクS1

ミニフラッグ。

 

Wボトム、キリ番からの反発を怖がりすぎた。

 

S2

STレジすぐ上

戻り高値までの大陽線で、利食い売りの下げを狙う逆張り

これは1分足見て入る。

時間足切り替わりも加味する。

半値押し、またはキリ番までの戻しを狙う。

 

E2

しかし、伸びない。

正確には伸びたんだけど、決済時を逃して建値決済。

まさか、まだ伸びるとは。

素直に押し目買いが出来なかったのが敗因。

思い込みで下げるだろうとばかり思っていた。

下げないなら上げだわ。

 

B3

ST考えず

時間足切り替わりので直近高値を更新してきたので、おいおいマジかよ~と思って飛び乗る。

その時は1時間足は陽線だった。後に陰線になるが。

 

E3

まぁ、押し目買いじゃないのでV字回復で狩られる。

さすがにロンドン時間終われば下げか、レンジ継続か、やっと押しがくるのかと思って、ドテン売り。

これは全然冷静じゃない。

この買いも高値掴みになった理由は、上げきった所で入っているから。

押しを待つべき。

押しを待っていたから入れなかった動きを観ているから、余計にそう思った。

いつもの冷静さなら、最低限短期の5分で高値がサポレジ転換する所を待ったと思う。

 

S4

ST直近高値

寝て放置。

 

伸びないならすぐ切るべきだった。

これは損失取り返したいトレード。

 

反省

後半2つは値動きに翻弄されている。

環境認識を疎かにして、自分の思い込みを優先してしまった。

 

ピンクは復習

S1

ST直近高値

ミニフラッグ抜け、時間足切り替わり、戻り売り。

 

B1

下ヒゲ、ダブルボトム、安値切り上げ。

 

S2

ST直近高値

戻り高値反発、急騰後の逆張り

下からのN波動達成後の戻り狙い。

 

E2

押し安値反発、時間足切り替わり。

 

B3

ドテン買い。

ST直近安値

下げ切らないなら上げ。

 

B4

戻り高値ブレイク。

時間足切り替わり。

 

んーこれは都合良すぎるエントリだな。

 

E3E4

戻り高値反発予想。

急騰で利食い

N波動分達成。

 

 

 

待とう。

チャンスを待つ。

チャンスに備えて待つ。

チャンスが来た時にちゃんと自信をもって乗れるように、力を蓄えつつ待つ。

必ずトータルで勝てると信じて。

信じて疑わないこと。