読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

企業研究とか、自己分析とか

「(低賃金で)働くってク○だよな☆」と漠然と思ってます。

企業で価値を創出してこなかった人間は買い叩かれるのねーと日々感じてます。

新卒のゴールデンチケットは本当にゴールデンチケットだったんだと思い知らされる。

 

企業研究って、ようは何して儲けているのかを業界ごとに調べたりするってことでしょ。

商品やサービスを肌で感じたり、実際に目で見たりすることを指すんだろうけれど、何の価値でカネぶんどっているの?と。

もっと言うとどれだけ市場を独占して、他社を排除しようとしているかを知ること。

ヒト・モノ・カネ・情報がどこから流れていくのかを大まかに知っておけということかな。

 

なんか就活用語ってお堅い言葉が多いよね。

そんな大層なモンでもないでしょって思う。

大した事ないものを大した様に見せる履歴書や自己PRも似たようなものか。

 

そして、噂通り東京は座るところがない。

本当に無い。

座るのもお金だよ。

カフェで400円は取られる。

貧乏人には辛い。

そして、電車も立ちっぱなし。

押しくらまんじゅう押されて泣くな状態。

都会は何するにもお金やな~って感じる。

もう3日ほど動いただけで、4000円以上は使った。

しかし、稼いだお金はゼロ。

ひえ~~~。

稼がねば湯水のようにお金が出ていく。

そして待ち時間などで時間もバンバン消費する。

交通費がネックで就活したくないフリーターの気持ちが痛いほど分かる。

非正規からは簡単には抜け出せないね。

 

FXや投資をやっていたとは言えないので、空白期間の質問に戸惑ってしまう。

FXニートあるあるか?

将来何したいの?って質問にも戸惑う。

他者に投資家やりたいですとは言わないと決めているので、即答できる答えを用意していない。

 

簡単なことを難しい言葉で変換してあげる。

耳障りのいい、お硬いお役所書類を作る気持ちで。

経歴が真っ白なので、話は実像を合わせられるレベルまで盛る。

というより、入社後に成長して履歴書は過去のものとなるからそんなに話を膨らませ過ぎても気にしない・・・かも。

大人は簡単なことを難しくいってあげると感心するそうだ。

そうしてあげよう。

全部シンプルな方がいいのに、おじさんは小難しい言葉を使って自分をできるビジネスマン風に見せようとする。

格の差を見せつけて、圧倒しようとする。

ソリューションだなんて「解決策」「困ったことを助けてあげる」でいいんだよ・・・。

ま○茶番。

しかし、これを乗り越えなければ何にもならず。

 

自分時価総額を上げれるよう、レアカードになれるよう努める。

 

来て1週間で、わざわざ東京じゃなくて福岡で良かった気もしてきた。

稼げば問題ないが、生活コストのせいで同じ給料の人よりキツイはず。都会人は。