FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

とうとう貯金が・・・

なくなります。

ピンチです。

新天地にきて、お金の消費が加速しました。

急加速。

すごい勢いです。

持たざるものは持つべからず、という当たり前の流れに逆らっているかのよう。

 

トレーダーになるという1年の無職期間でのチャンレンジを棒に振ったことをなぜか今になってひしひしと感じ、連日意気消沈しています。

ありきたりな人生のレールに乗りたくないとか、他人と一緒の生き方をしたくないとか思ってましたけど、行動と結果が伴っていないので実現できていません。

仕事の当てもなく、右も左も分からない土地、自分の持っているカードの少なさに絶望、など様々な変動条件により精神が不安定な自覚があります。

ココ数日、ハッピーじゃ!!とテンションが上がる日が無いのが原因なのかもしれません。

何も成果を出してない日がこんなにも苦しいものだとは知らなかった。

いや、知っていたんだけど、これはまた別の類のものかもしれない。

 

迷晴れさんの動画だけは見返している。

本当はチャート動かさないと生けないのだけれど、手が動かない。

阿呆や。

 

このブログは記録の意味で書いていて、後で見返した時に、このときからは成長したかなという目安にするためのもの。

FXを志した者の成れの果てを、出来れば最後まで書き上げたいと思っている。

新卒ゴールデン切符の破棄、職歴なしのないもの尽くしからの旅路。

鉄砲玉のように計画なしに引っ越しては、新天地で泣きべそかいてる情けない現状だけれど、やはり1つでも結果を残したいと願わずにはいられない。

 

関東にきてから暗い気分を書き殴るばかりのブログだけれど、歯を食いしばって相場に食らいついている姿をまた書いていく。

嘘はつきたくないし、正直な気持ちで書いている。

みみっちいプライドで、ほんの少し見栄を張ることはあっても、書いている事は間違いなくリアルだ。

だから、ここからトレーダーとして結果を出すまでに至れば、何か人生において大きなものを得たことになると思う。

大金を勝ち得たトレーダーのブログの殆どが、負け道中の気持ちは語られていないように見える。

(勿論、負けている時の葛藤や悔恨などを思い出し書き綴っている珍しいブログやHPもある。)

だからこそ、相場での勝者に憧れる一若人の胸中をありのままに曝け出すことには何か意味があるんじゃないかと思っている。

こんなおぞましいもの見たくない人が多いのだろうけれど。

反面教師に役立ててくれれば。

1番の目的は未来の自分に役立たせる指標であるのだが。

 

 

都会に来てみて2週間経って分かりました。

 

私は人混みに向いていない。

田舎でのんびりのスタイルが性に合っているようです。

人に揉まれると思考がシャットアウトし、そこから抜け出したい一心になってしまう。

 

人が一生懸命に働く姿を見ると眩しいです。

あぁこんなには働けないなーと思う一方で、これ以上の価値を出せる仕事して稼いでやったるー!と時々思うこともあります。

 

電車に乗ると、働き疲れた人の姿が沢山あります。

働くという当たり前の事が出来ない自分がやるせなく感じる。

しかし、こうはならないぞ!と反骨精神を燃やす瞬間もある。

一体どっちが本当の自分かよく分からない。

 

ハルオサンのブログを見て、自分の人生まだまだ捨てたもんじゃないとか思ったりしてしまう。

これが精神にいいのかどうなのかは分からない。

いや、人のブログみて元気になれるなら安いもんかな。

 

正社員とアルバイトで揺れてます。