FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

何度目か分からない再出発

FXブログなのに、オナ禁&筋トレのブログ化しそうな当ブログです。

数年後にはナンパと自己啓発と漫画、映画の感想といった雑記ブログ化していく予定です。どうぞ宜しくお願いします。

 

どうもこんばんは。

今日やっと重い腰を上げて、MT4とMT5の再設定をしました。

いやー小一時間あれば済むことを半年以上放置するなんて、諦めの習慣がつくと大変ですね。

やろうと思う→やらないを繰り返すと恐ろしいほどの足かせになります。

何度この過ちを繰り返しても治りません。

けど、この脳の仕組みを打破しない限りは何も結果は出せないので克服していきます。

 

勝ち負けトントンだが、いまいち自分の手法やチャート読みに自信を持ちきれず志半ばに断念してもう既に1年が経とうしてます。(あれ?迷晴れさんの手法を検証してた時期からはそんなに経ってない気が・・・まぁ、いっか)

 

またもやFX、相場の世界から離れておりました。

前回離れた時は右も左も分からず、ただただお金が降って湧いてこないかなと相場に夢を見るだけでした。

お金を稼ぐことがそんなに甘くないことだとは思っておりませんでした。(そうだよ、アホだよ)

1年ほぼニートな生活しても手が届かず、学生の時も沢山の時間があっても駄目で、逆に働きながらだと仕事の疲れを言い訳に何も手に付かない。

じゃあ、どうしたらFXやる時間が取れて、検証、デモ、リアルのステップを踏めるのか?どうやったらやる気が出るのか?というか、やっぱりFX向いてないからやる気でないのか?などと色々ネガティブな考えが頭の中で負のスパイラルしてました。

 

そういう負の原因が分かりました。

オナニーと筋トレ不足とネットサーフィンでした。

無料で漫画や映画やエロを楽しめる暗黒装置に長年毒されてましたね。

そして、読書も好きで活字を読むのが苦じゃない性分もあって、ひたすら雑学を貪れるんですね。

で、極めつけはそれら全てがPCで完結してしまうことです。

FXやるにはPCが必要なのに、そのPCがおもちゃにも変わってしまうから質が悪い。(悪くしているのは自分だが)

 

その昔、2ちゃんねるの掲示板では「受験勉強にパソコンは要らない。勉強する気にならないなら今すぐ窓からパソコンを捨てろ」という助言があった。

いや、ホントその通りだったと今振り返って思う。

・・・俺は捨てられなかった。

 

そして、勉強よりも大事な生きていく為の剣を手にしようとしている今。

捨てたくても捨てられない。

なにせ商売道具でもあるから。

 

この事実がなにより問題をややこしくした。

トレードに規律(ルール)が必要なように、トレードに打ち込める環境を作るためにもルールが必要なのだ。

そのことに長年気が付かなかった。

というより、見て見ぬふりをしていた。

気づいていても実行できていないなら気づいてないのと一緒。

これを克服しないことには前に進めず、またいずれこの3種の神器(エロ、漫画、映画)に飲み込まれるだろうというのは目に見えている。

ちゃんとこの現状を理解し把握するまで時間がかかった。

自分の中でものすごい反発があった。

いやー毎日のささやかな楽しみを奪わないで―と。

それをちぎっては投げ、ツームストンパイルドライバーをかける。

断腸の思いで自分の楽しみを、悪癖を抱えた部位にメスを入れていく。

そうしていくことでやっとこさ、今日MT4の設定に至れた。

 

 

自分の弱さを克服するにあたり、実施した施策は以下の通り。

 

まず、仕事でのストレスを受けないように筋トレを始めた。

これはめちゃくちゃ効果があった。

 

そして、次にオナ禁

モテるためのオナ禁と思って始めたが、今はただただテストステロンの分泌により野性味を増すために継続している。

後、パソコンの前で汁遊びをしないため。(たまーに気を抜くと昔の癖でオカズを探してしまう。)

 

で、今やっと無駄なネットサーフィンを削っていってる。

Twitterのフォローを最低限にし、ブックマークバーを削除し、娯楽の時間を決め、読書に切り替えようとしている。

 

こうして振り返ってみるとひたすらスライトエッジの積み重ね。

小さな改善の繰り返しだ。

青虫から1日で蝶には成れない。

長いサナギの時間も必要。

 

今までの自分の怠けた習慣が原因の9割だが、環境のせいもあったと思う。

親や兄弟、友人、職場、学校と過度に影響を受けすぎた。

俺はこれで行くというストーリーを、断固たる決意で持てなかった。

プライドは高いのに、そのプライドに裏打ちされる経験や結果もなく、ただ虚勢張っているだけだった。

成功体験と言えるものが全く無いので、人生全般に自信がなかった。

 

しかし、筋トレの継続やオナ禁で少しずつ変わってきている。

何度でもよみがえれる。

出来るまでやってやろうじゃないかと最近、日々思ってる。

めっちゃ小さな一歩だけど、また再出発していく。

 

ここから、これから。

身に余る大金は何処からこぼれるのか?

今までそれは「器」だと思っていた。

けど、最近は違う。

日々の習慣からこぼれ落ちるものだと思う。

 

金持ちの「器」を因数分解すると、金持ち足り得る日々の習慣がある。

無駄遣いしない習慣や考え方、思考の数々。

お金がたまり続ける生活や仕組み、環境。

そういう一つ一つは小さいけれど、毎日毎週毎月毎年何度も繰り返している習慣こそがお金持ちを形作る。

 

宝くじなどで大金が当たる妄想を自分もよくする。

アレ買ってー、これ買ってーと思い馳せる。

しかし、宝くじの的中率や高額当選者の末路などを知ったりすると、お金を使う妄想で終わらなくなる。

多分、今の自分に大金が降ってきてもこぼれ落ちちゃうだろうなーと考えるようになった。

大金を貯めたこともなければ、大金を使ったことがないからパニックになるだろう。

 

資産運用の本を読み、大金の活用法を勉強する。

しかし、手元にお金はなく、賃金も安く、貯まるスピードは気が遠くなるほど遅い。

となると、せっかくの資産運用の知識も宝の持ち腐れになる。

だからこそ、平凡な人はどこかで大きなチャンスをものにしないといけない。

それは仮想通貨なのかもしれないし、宝くじなのかもしれない。

チンマイお金を積み立てながらも、一発の大きなアタリを狙う。

この姿勢だと思う。

 

宝くじやいきなり手にする大金は、貧乏人たる習慣からこぼれ落ちると書いた。

しかし、一方でお金持ちになるにはその大金(まとまった資金)が必要になるのである。

んー自分で言っといてなんだか、矛盾している。

 

身に余る大金が降って湧いた時に何をしたいか。

その欲望が本当に自分の欲望なのかを見極めるべきだ。

そんなに車が買いたいのか、そんなに家電がほしいのか・・・。

人は他人が欲しいものが自分の欲しいものにすり替わる。

欲しいものが、本当は今必要でないことは多々ある。

渇きを潤すように求めるよりも、日々少しでも満たされるようなお金の使い方をするべきだ。

そう出来ない人が多い(そして、そうすることで苦しんでいる)世の中なのだから。

 

働く必要がなくなった時に、何かしたいと思うものこそ(採算度外視・食える食えないを気にしない)本当にやりたい仕事だと思う。

日々の労働で稼ぐ必要がなくなった時に、必要だと思えるものが本当に必要だと思う。

今の自分はそれが健康と筋肉。

つまり、日々の健康的な食事とジム通い。

そして、読書による知識の蓄えやFXによる投資スキルの向上。

もっと高レベルな読書の習慣や、勝ち続けるFXの習慣を身につけるのが課題。

食事とジムは以前とは比べ物にならないほど良い習慣として身につき、改善を重ねられている。

ここから、これから。

 

 

p.s

完璧に理論を整えてからブログ記事を書くべきだっていう考えがずっと自分の中にある。

それがすごくストッパーになっていた。

でも、それじゃ良いものは書けないと思った。

たくさんの失敗の山を気づいてこそ、それが礎になると。

間違えて、恥かいてこそ成功がある。

失敗は成功の母。

沢山書かないと、良い文章にはたどり着けない。

理論が飛躍していようが、不勉強な内容だろうがいいじゃないか。

ブログは積み重ねの体現。

あとで振り返って、成長を確かめれるツールだ。

失敗を恐れず、書こう。