FXの森

20歳半ばのフリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

情熱を燃やし続けた聖帝先生と足立先生

1時間半かけて都に上る。

セミナーに行ってまいりました。

サウザーさんと、アフィリエイターの足立先生のいかに勤め人を卒業生せしか?セミナーです。

 

正直、セミナーの内容よりは聖帝はどんな顔してるんや?という好奇心のみでございます。

というのも、彼自身が白熱教室とブログに全部書いてあると自負しているのだからそれを読めば良いんだなと思っていたから。

後は、年収3000万と言われる足立先生はどんな人なんじゃい?と。

白熱教室以外でなにか得られたらなぁと思って。

 

 

当日くもりかと思いきや、カンカン照りで茹で上がる3秒前にセミナー会場へ。

前日楽しみすぎて深夜3時まで寝れなかったので、居眠りしちゃいかんと近くのファミマで眠眠打破チャージ。

入り口が分かりにくかったが参加者のそれっぽい雰囲気の人たちがワラワラといたので、付いていく。

 

一番最初に会ったのはモテボディメイクスクールのみのさん。

3月辺りからですかね?Twitterで顔出しされていたので、すぐ分かりました。

鍛えている精悍な人がおるな!!という印象。

背も高く、スラッとしているのに、あの筋肉をお持ちなのか・・・反則やん・・・と思いました。

QRコードのチケットをもぎってもらい着席。

 

当初の予想はナンパや恋愛工学クラスタ全員集合!で、かなりチャラめの人が多いんやろなぁと思っていましたが来て見てびっくり!

なんと、、、(見た目)非モテの人が半分以上じゃないか・・・。(俺含め)

ナンパ師っぽい爽やかなのにチャラめも入っている人も何人かいらっしゃいましたが、圧倒的にナンパクラスタじゃない人たちばかりでしたね。

 

アメーバブログには、非モテオナ禁して、筋トレして、化粧水と乳液塗って、ヒゲはちゃんと剃り、細身の服を着て爽やかにし、チャラめのアクセを1点つけて、最低限女性からの足切りをくらわない格好をしろって書いてあった気がしたんだが・・・。

俺はアクセは持ってないけど、身綺麗にはしてきてたので想定とのギャップに驚いた。

 

それはさておき、マーケティング的には正しいのでしょうね。

Voicyでは勤め人卒業のテーマで語っているので、卒業できない人の集まりといえば、オンナとカネの両輪で苦労している人になる。

それすなわち非モテなり、と。

非モテの格好してくる人がいるのが正解だと。

うん、そう思いました。

後は、女性が1人しかいなかったという紅一点の状況も頷ける。

20代男性から30代男性の勤め人に向けての情報発信が、ちゃんと響いてるんだなーと感心しました。

その層に深く刺さっているからこその1万超えのちょっと高額のセミナーが即日完売する。

ターゲティングって大事なんだなと感じた。

 

で、前にはマイクトラブルでわちゃわちゃしているスーツ姿の聖帝が。

おぉーVoicyで毎日聞いてる声が・・・動いてる!!

第一印象、それはインテリヤクザやん!でした。

胸板厚くて、ロン毛で、メガネかけて、圧倒的覇者のオーラを醸し出して・・・インテリヤクザのそれやん。

これタッパが2mあったら絶対道ですれ違う時目を合わせちゃ駄目な人になるパターンやと内心思いましたね。

 

で、反対サイドに足立先生。

よく見ると眼光鋭いが・・・パットと見はTシャツきた普通のおっちゃんでびっくり。

えぇーーーーー

3000万稼ぐ人はこんなゆったりしてるんかーーーーと、ね。

スーツだと変わるんでしょうけど、あまりにも格好がラフすぎて衝撃。

 

そんなこんなでセミナーへ。

どこから来たんですか?からアイスブレイクしてスタート。

横浜からの人多いですね。

北は北海道、南は分からないが夜行バスで大阪からという人もちらほら。

 

セミナーの雑感ばっかり書いていると忘れそうなので、大事なことを予め書き記していこう。

 

サウザーさん:自分の経済状況は全てはBSとPL(バランスシートと貸借対照表)で考えろ!

足立先生:日々のルーチンにモチベはいらん!平準化しろ!

 

白熱教室と内容が被ることが多い印象でしたね。

あとは、白熱教室の売上がいくらとかセルフリフォームの画像のビフォーアフターを生で見れたのは貴重でした。

アメブロで最初の処女物件に相当手こずったのは書いてあったけれど、ここまでとは・・・俺だったら心折れるわ-。

買ってから客がつくまでに1年以上は長過ぎる。

耐えられないよ。

せっかく苦労して買って、リフォームしたのに、投資を回収できないなんて発狂しちゃうわ。

不動産は長期勝負と分かっていてもだよ。

頭ではそりゃー算盤はじいて、長期のゼニの出入りの目論見があるけれど・・・。

 

 

飲食経営者や自前のアダルトサイトでマネタイズしている人、アフィリで結果出している人とけっこう勤め人卒業されている方がちらほらいた。

 

 

印象に残っている言葉は、「カネが息を吹く」「サラリーマンが1番ラク」だ。

自分の商品を持つということをし続けると、勤め人から一歩抜け出して、自分の中のバランスシートがキレイに整ってくる。

投資の利益を再投資に回し、どんどん商品を増やしていく。

その様子を「カネが息を吹く」と称されていて、それはとても納得がいく例えだった。

自分の労働力再生産にのみお金を消費するという行為はお金に息をさせてないということなのだと分かった。

そして、勤め人から一歩抜け出す段階が1番きつい。

なぜなら、最初の商品を作るタネ銭を溜めるまでが長いから。

そこのキャズムを超えることが参入障壁になっている。

 

サラリーマンが1番ラクは文字通りの意味で、失敗しても成功しても毎月一定のお金が振り込まれる。

こんなラクなことはないと。

逆に、ここから抜け出すことは容易じゃないという側面もある。

ここのコンフォートゾーンを抜け出すのには、相応の覚悟と努力が必要という意味も文字には含まれている。

 

 

情熱よ、どこへいった

注意*DCユニバース出身かってくらいシリアスでダークな記事だよ★_(:3」∠)_ウソ-

 

はてなブログは親切に、1年前の記事を振り返りませんか?とたまにメールをくれるのね。
そこにはまだ相場でカネを稼ごうとしてもがいて、チャート復習して記事にしている自分がいるのね。
もう今は、これ(相場、FX)しかないと思いつつもその10分の1の情熱しか心の中に感じられないのね。

 

・・・俺の情熱よ、どこ行った???

 

勝てるという根拠のない自信が無くなったことに加え、チャートを見る習慣がなくなってしまった。 

 

もう、正直、チャートを5分と見れない。

 

一昨年、2016年は一年中毎日10時間以上生チャートを見続けて、飽きもせずずーーーーーとFXに関する情報を集めているコレクターだった。

・・・だったのに、今はFX本すら開けない。

かろうじてウメハラ本を再読するくらい。

 

迷晴れさんの解説動画も見ても、見ているようで全然頭に入ってこない。

言っている意味はとりあえずは分かるのだが、これがお金につながるというリアリティーさを感じられない。

 

自分のレベルとは程遠い難解な本を読むと退屈で眠たくなるが、FXの解説動画はかろうじて理解できる内容なのに、そして学べる内容だと頭では分かっているのに退屈してしまうんだよ。

 

スランプなんて言葉は勝てる人が使う言葉だと思っている。

勝てないのは単純に鍛錬不足だし、チャートを見る時間が少ない(というより無い)からだ。

そのことはよく分かっている。

だから、今の自分がスランプなんて言うつもりもない。

中だるみと言うか、やる気を失っている。

 

・・・うん、言葉にするとアレだな。

やる気を失っているなんてけっこうショックだな。

 

環境認識が出来て、大衆心理が分かって、ルールを守りながら期待値のあるトレードを繰り返し、資産を少しづつ複利で増やしていく。

失敗しながらも、このサイクルを回そうとすることで技術が磨かれていく。

その失敗しながらも~の過程の中で、自分の課題に負けた。

デモトレで2倍になるまでトレードを回せなかったし、リアルトレード1万通貨でも飛ばすまでやってみようと決めても怖くて逃げた。

今じゃ逃げた理由も思い出せない。

 

過去の情熱を燃やしていた記事を直視出来ないうえ、今現在のだらけきった自分に向き合う自信がない。

ちらっと見た自分の記事の中で、なんだかんだトントン以上のトレード結果を出していた。

あと少し頑張れば、ものになっていたのかなぁと思う。

トータルマイナスが減り、ちょいプラスになり、環境認識能力も向上していた。少しづつではあるが。

 

今も昔も自分が納得するほど検証を詰め込んだことがない。

全部中途半端にしか検証してない。

だから、技術や手法を信頼するよりもまず、自分自身を信用できていない。

納得、得心するまでに昇華できない技術で無差別階級の世界戦である相場で勝てるわけがない。

戦う前から負けている。

しかも、そのことを重々承知しているからこそリアルチャートも見る権利がないとさじを投げている。

証券口座も開かない。

 

なので、逃避するように無心でバイトしたり、読書している。

こんな時給で働いている場合じゃないと分かっていながらも、身体を動かすと頭の中を空っぽにして不安から逃れられるから。

 

でも、本当は読書も心の底から楽しめない。

FXで勝たねば俺は何者でもないカスであると常々思っているから。

というか最初からずっと思っている。

まだ今は勝てないけれど、将来的に勝ち続けるための努力をしているのなら胸を張ってFXトレーダーだと言える。

しかし、チャートも見れなくなった人をトレーダーとは言わない。

 

もう、映画も見れなくなった。

こうパソコンに前に座って、検証なり、FXの記事を楽しみながら勉強するというスタイルの記憶の名残のおかげで、何もFXに関して出来ていな自分にとてつもない罪悪感を感じている。

 

マルクス資本論を学び、それに関する木暮太一氏の本や青木雄二氏の本を読む度に、やはり搾取され続けるだけなんてこんな腹立たしいことはないと思いを新たにしている。

しかし、その一方でその搾取され続ける非正規雇用の身分から抜け出す手立てである投資の技術研鑽を怠っている自分がいて、そのやる気が出ない自分を嫌いになり始めている。

  

多分、数字で表せなくて目に見えない技術の伸びに確かな自信を持てなくて、また一からそれを繰り返すことにうんざりしているからやる気がでないのだろう。

色んなゼニ稼ぎに失敗して、何回もFXを中断しているから。

初めてFXに出会ってから5年はたってる。

始めた頃は半年か1年でモノになるとウキウキワクワクし、3年立つ頃にはこれは腰を据えて2年ぐらいかと思い、今は10年スパンで考えなあかんかったか・・・とか思っている。

自転車に乗れるようになるまでの正しい努力を積めないから、遠回りしても惜しいところで心が折れて勉強を中断してしまう。

検証をおざなりにして、ノウハウ集めに執心してしまう。

 

何が正しいかが分からないのがFXの世界だし、唯一の回答がないからこそ、凡人にも可能性が開かれているのが相場の世界。

その相場に自分なりにだした答えで持って、勝負することが出来なけば労働者の世界から資本家や投資家側に移住する権利など1ミリもないのだ。

自分がプロとして稼ぐ矜持や覚悟無しに、金利複利の世界は微笑んでくれない。

確率的思考やメンタルに関する知識よりも、検証に裏打ちされた経験という知行合一のパスポートがなければ 数字で勝つ世界の住人にはなれない。

 

 

 

アカーンよ、これは。

一年前に関東に引っ越してきた時に感じてた不安感そのものだわ。

仕事も決まらず、FXもモノにならず、何したらいいか分からなくて、世界の全部が敵に思えて、なのに自分には武器がなくて心底不安になるあの時と酷似しているぞ・・・。

あれ、5月病?

とりあえず、自分で書いた心の保健室で療養して、立て直そうと思う。

以前と違って、冷静に受け止めて成長しているところ実感せねば、人生前に進んでいるかわからないもの。

自分の成長を確かめよう。

セルルコントロールにも年の功をば。