読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

FT2のマーケット情報(統計の書き出し)を エクセルにする方法

取り敢えず毎回打ち込むのがだるいので

フォーム作って、そこに書き出して、沢山の標本を作っていく

それ見て自分の培った努力を認識して、その分の実力だけを賭けていく

まだフォーム作ってないですが、取り合えす書きだすまでの順番を説明します

 

①FT2の表示からマーケット情報を出します

f:id:kamogawa00:20160311152254j:plain

 

②マーケット情報の上で右クリックすると『統計の書き出し』が出ますのでクリック

f:id:kamogawa00:20160311152256j:plain

 

この画面が出ます

マイクロソフトのオフィスソフトを入れてる場合は上になります

私はフリーソフトのKingsoft Spreadsheets 2013を使用してますので、

タイトル通りのエクセルではございません。御免なさい。

f:id:kamogawa00:20160311152258j:plain

すると、ほい開くとこんな感じです

f:id:kamogawa00:20160311152302j:plain

 

Ctrl+Aを押して全選択

又は右クリック→A(すべて選択)

 

※お気づきかも知れませんが、ショートカットキーで時間短縮を心がけています!!!
頻繁にやることですので(´・ω・`)生産性上げていこう運動

f:id:kamogawa00:20160311154135j:plain

右クリックもキーボードの右下のAltとCtrlの間の書類マーク押せば楽ちんだよ!

f:id:kamogawa00:20160311154604j:plain

Cに備えろ

f:id:kamogawa00:20160311154136j:plain

f:id:kamogawa00:20160311154139j:plain

 

区切り記号(D)で

 

f:id:kamogawa00:20160311154839j:plain

f:id:kamogawa00:20160311154841j:plain

こうなる

f:id:kamogawa00:20160311154843j:plain

 

あとは煮るなり焼くなり

データを取れば取るほど大数の法則が作用していくのが分かっていく・・・ハズ

右肩上がりになるのが期待値プラスのルールである証明

同じルールで試行回数増やすのを心がけて検証しております(`・ω・´)ゞ

 

今度は売買履歴の書き出しをやります

これは上手く使えばすごーく為になる指針になる

と、俺は思ってる

VBA使える人は得するねぇ(俺はこれから使えるようになっていきます)