読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

相場の「真意」が分かるレベルに達するということ

学んだこと

俺自身の反省でもあるんだけど、ありがたい言葉や格言が分かるにはそれなりのレベルに達する必要がある。

例えば「頭と尻尾はくれてやれ」「利食い千人力」とかね

これをレベル3の人(仕事の合間にポチポチ)とレベル30の人(週15時間FT2回す)とで比べてみる。

 

すると、この二人が同じ見解や理解であるはずがない。

 

見てる景色が違うし、意識が、経験が、背景が違う。

 

言葉としては理解できる(日本語だし)

 

しかし、チャートを見てる経験値やチャートに散々苦しまされ、悩まされた人っていうのはメッセージの受け取り方が違う。

 

名言や格言は沢山の経験をした人から生まれた言葉なわけで、そこら辺のじいさんが忘れ物思い出すみたいなものではないという事。

 

似て非になるものかも知れないが、万の経験(プロレベル)に対して、千ぐらいの経験(アマチュアから数段階進んだ)を積んだ人には、その言葉の「真意」が少しづつ分かってくるものではなかろうか。

 

「本質」や「真意」というのは、試行錯誤を積んだ人にこそ掴めるもの。

おつかいみたいにすぐいけるモノではない。

まぁ、そういうことはチャート見続けた人だからこそ分かるんだけどね。

ああ、俺はとんだ勘違いをしてたんだなと。

そして気づく、勘違いしていることに気づかない人たちが居てくれるからこそ産み出される優位性がある。

勘違いしてるすっとこどっこいの群集心理こそが、トレンドを産み出すということも。

 

半永久的に勝ち続けるトレーダーになりたくて日夜研鑽努力を積む方たちへ。

 

「真意」を受け取れる人間になっていこう!


それ即ち、動くチャートと触れ合い続けるということですね。

必要以上に知識を詰め込んでも無駄です。

それよりも最終的に利益を生み出してくれるモノは何か考えてみる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

考えました?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはチャートでうんうん悩み、苦しまされてきた経験値でしょ。

チャートの意味を考えて、色々とあれやこれやと試行錯誤して成長していくコト。

何万回失敗したか数えきれないほどのトレードに裏打ちされた感性、感覚です。

 

 

 

経験値、貯めていきましょう。

 

 

さぁ、レベル上げ(FT2やShiftChartでの検証作業)に戻りましょうか・・・

 

 

($・・)/~~~

 

 

改めて加筆、修正、予定です。

これはまだデモトレードで負けまくってる時に書いたものなので、またレベルが上った時には見ている景色は違うと思う。いや、絶対異なってくる。

その時に感じる差異を示すことができたら面白い。