読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

【GBPJPY/ポンド円】2016年12月26日【エアトレード】

流動性がない1日。

欧米がクリスマス休暇で参入してこないので動かない。

FXDDのデモチャートでMT4を見てるのだけれど、朝動かなかったので「あれ?デモ口座の期限切れ?MT4の不調?」と混乱した。

原因はただ証券会社が営業してないだけだった。

営業してなければチャートが配信されないのは当たり前。

マネーパートナーズも16時まで、DMMも15時までと変則営業の日。

年末年始はちゃんと営業日を確認しないとね。

教訓とする。

f:id:kamogawa00:20161227062545j:plain

4時間足は最後の押し安値を下抜けして、下のサポートまで行くかな?という価格だが、行かない。

f:id:kamogawa00:20161227062558j:plain

1時間足は下降バイアスレンジ。

実体が小さい。

f:id:kamogawa00:20161227062553j:plain

23日金曜の深夜からは売りで攻めるべき。

ただ、Wボトムを作って底を作った感じはある。

サポレジ転換ラインで上値も抑えられてレンジ形成。

f:id:kamogawa00:20161227062549j:plain

23日金曜深夜から。

S1

ST直近高値。

直近の前回高値を抜くも上昇しきれず。

短期でダウが崩れた所からの高値切り下げで戻り売り。

Wトップ。

 

E1

短期ダウ崩れ。

下ヒゲ2本でツーバーリバーサル。

下のキリ番まで狙いたいが陰線続きなので警戒したい。

 

S2

ST直近戻り高値。

高値切り下げ、右肩下がりのWトップ。

サポレジ転換、キリ番レジ。

 

これはE1レベルで決済を我慢できるかが勘所。

トリプルボトムを作った所で半分決済で、あとは建値トレールが精一杯かな。

焦らされる展開。

 

E2

キリ番到達してWボトム。

 

S3

ST直近戻り高値。

Wトップで決め打ち。

これは少し再現性がないかな。

 

E3

Wボトム、キリ番サポ。

 

B4

ST直近押し安値。

これはスキャル気味の短期トレード。

ネック越えて、戻り高値を上抜けでセカンドブレイク。

安値切り上げ。

 

E4

サポレジ転換ライン到達。

S2ストップレベルで超えきれず。

 

26日月曜。

窓埋めトレードは有効だったようで。

 

S5

ST直近高値。

Wトップ、高値切り下げ。

 

E5?

E1レベルの安値サポート、当日のWボトムで半分決済してそう。

レンジ想定なので、下まで引っ張りたいところだが。

 

E5

キリ番、Wボトム、トリプルボトム。

 

朝に上で売って、下で決済するだけの日。

 

なんて日だっ!

 

外国勢がいなきゃ為替市場は成り立たないね。

 

先週土曜に上げた記事15分足レベルでの復習とのズレがある。

やはり細かい5分足でみると、もっとエントリーチャンスはある。

たしかにS1辺りはレンジ気味だから、すぐに底で反発して損切りになるのは怖い。

だから、壁がないことを根拠に安値割れでエントリーするのも間違ってはいあい。(26日土曜の記事)

しかし、下に優位性が在るなら上から根拠がある所で入るべき。

リスクリワード的に。