読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

【GBPJPY/ポンド円】2017年1月13日金曜 -52.3pips 指標に振り回されて落ちるナイフを掴む

デイトレード日誌

13.01.2017 fri -52.3pips

今週ちょっと調子に乗っていると自分でも思っていたが、手痛いしっぺ返しが来た。

これは要反省やで。

指標の上下のブレや、利益を追い求めるばかりに待てなかった。

それが大きな敗因。

ポジポジ病も往復ビンタも入ってる。

重症かな。

 

トレードで負ける原因のバイキングメニューだな(泣)

 

4戦1勝3敗(1分け3敗みたいなもの)

リアルトレード初週の滑り出しとしては、負けずに生き残れているだけマシかな。

最近ふと思ったこと。

「勝ちや利益は派手だが、負けないこと生き残ることはひたすら地味だ。」

まず最初に、負けないことが大事なのに多くの人が派手さを求めるから退場する。

利益が太陽なのではなく、負けないこと、損失そのものの少なさが太陽となり多くの影(利益)を映し出す。

 

f:id:kamogawa00:20170114001728j:plain

f:id:kamogawa00:20170114000618j:plain

ストップ動かすという大罪も犯す。

しかし、2連敗で切り上げるマイルールだけは守る。

本来の狙いの方向に順行する確信に近いものは合ったのだが・・・悔しいがチャート閉じる。

 

f:id:kamogawa00:20170114020254j:plain

小さい。実体小さい。

やはり下からのスイング買い、短期売りが交錯する所。

大きく狙わず、小さくヒットを狙う形がよかったな。

シナリオ、環境認識不足。

f:id:kamogawa00:20170114020301j:plain

前日揉んだ安値まで戻ることは想定してた。

しかし、その戻り上昇に乗ることは出来ず。

f:id:kamogawa00:20170114020304j:plain

入りたいベストの位置を逃したことを引きずりすぎて、勝ちを意識しすぎた。

ほぼ全戻し、一気に下げ。

正直に言うと、GBPUSDポンドドルの方が見ててやりやすかった。

無理にポンド円にこだわりすぎたのも敗因の1つ。

f:id:kamogawa00:20170114020306j:plain

ピンクは復習

大陰線で、下が硬いので半値もしくはサポレジ転換しそうなところまで戻し上昇。

高値切り下げや、最後の押し安値が割れるようなら長期目線の売りで入る算段で。

S1

ST 直近押し安値

押し安値が固いサポ、戻り売り失敗、Wボトム。

 

E1

直近高値レジ、サポレジ転換。

 

思い返せば、これらは売って建値決済のトレードのような気が・・・。

 

S2

ST 直近高値、キリ番

高値切り下げ、Wトップ、キリ番レジ。

 

E2

キリ番レジ、長期足トレンドライン反発。

 

ピンクB1を下抜けする勢いならホールドしたかった。

 

S3

ST ピンクS2と同じ

 

E3

建値決済。

 

S4

ST 直近高値

大きい足のサポレジ転換で反発、キリ番がレジサポ転換せず。

これは少しリスクありの逆張り気味。

 

ピンクはてな

ここがまたトレンドラインを上手く扱いきれなかった。

ストップが遠いことから躊躇した。

 

E4

昨日揉んだネックライン、レンジ上限反発。

 

まだトレンドフォローを徹底して、生き残り、月単位でプラスになることに重点をおく。

 

f:id:kamogawa00:20170114020309j:plain

f:id:kamogawa00:20170114020311j:plain

黄色はマイトレード

B1

ST 直近安値

安値切り上げ、トレンドライン反発。

下げの勢いが気になったが、短期の上昇ダウの方向に。

しかし、5分足だと2つも押し安値を割っているので無理があったように思える。

 

E1

ストップにかかる前に損切り

これはドテンで売ってもいいところ。

 

S2

ST 直近戻り高値

トレンドライン割れ、15分足の押し安値割れも手伝って下げトレンドだと判断して入る。

遅い。

トレンドラインを信用しすぎ。

 

E2

5分足のN波動をイメージしてたが届かず。

建値決済近辺にトレール。

入った場所が悪いのは自覚してたので、入り直す意味でトレールしていた。

後から振り返れば、昨晩のネックライン、レンジ上限に当たっていた。

それを見逃した。

 

S3

ST 直近高値

1分足Wトップ、5分足戻り売り、トレンドラインのサポレジ転換。

これは1分足で下ヒゲ、実体少ない足を見てれば逃げれる。

・・・もっとWトップの右肩で入れていればだが。

置いて行かれたくない一心で入る。

だめだめトレード。

ここから調子崩れて判断が鈍る。

 

何度も安値を試すが中々こえない。

下げトレンドであるので、小さく安値も更新するのでホールド。

大きく上下したが、黄色E2レベルで止まる動きをするのと、ポンドドルが大きく下に振れたので下に行くかと思って、ストップを動かして狩られないようにする。

 

E3

キリ番上に移した逆指値でアウツ。

これが今週1番のだめトレード。

上下した瞬間に、入り直り勇気がなかった。

動きが出るなら分かり易くなる、また次のチャンスがあるということが頭の中から無くなった。

このポジションをどうにかしてプラスにするかということだけしか考えられなくなっていた。

機会損失も、損切りも怖がった挙句に大損害を被る。

しかし、損失は広がる。

 

B4

ST 何も考えず設定の20pips

慌ててドテン買い注文を入れる。

黄色B1レベルがサポレジ転換、キリ番もあるので。

売り方の燃料にされる。

 

E4

下げ始めたので、もう諦めて10pipsで切る。

元々シナリオにない売買だし、根拠なんて何一つない。

全部後付けみたいなものだ。

研ぎ澄まされた一発じゃない。

 

今の流れは売りなのに、慌てて逆張りの買いで入る。

これぞ負け組の思考。

調子に乗っている小僧など、少し小突けば狼狽してすぐにボロが出る。

 

週の最後を負けで終わるのはあまり気持ちのいいものではない。

この負けトレードを勝ちトレード変えていく。

常に自分の懐に利益が残るよう腕を磨く。

負けを少なく、入れる所を厳選。

 

力をつけよう。

力をつける。