FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

藤原和博氏「レアカードになれ」

logmi.jp

下記は自分の偏見。

意見です。

 

 

大前提として、他人と同じことをしていたら買い叩かれる。

何も特技を持たないなら、一生一兵卒からは抜け出せない。

「会社に雇われる」とは「自身の労働力を自分が思うより安く買われる事」を言う。

また、自分が月20万や月30万以下の存在でしか無いことを物語っている。

(利益を上げられる技量や思考が無ければ、一匹狼になっても食っていける覚悟も価値もないという事)

 

専門分野を1つでいいから持つこと。

誰にも負けない知識や経験をニッチな領域で勝ち得る。

自身が替えが効かないレアカードであれば良い。

希少価値のある人間に成れ。

何が価値があるのか分かる、見抜けるよう情報を集めて組み合わせること。

生産性、情報編集力が問われる時代。

ネットで調べれば答えが書いてあるような知識はいらない。

知識の一歩先、やってみる、出来るという経験に価値がある。

常にブラッシュアップ、改善していく。

知行合一

ネットがない時代は知ることに価値があったが、今は違う。

どんどん知ること以上に「やったことがある、出来る、人に教えれる、伝えられる」などの付加価値が必要不可欠。

FXなら100の知識よりたった1つの手法で1年トータルでプラスになること。

結果を出し続けられるプロセスや思考法を磨くこと。

シンプルに研ぎ澄ます。

複雑じゃなくていい。

単純で奥深いこと。

表面だけ複雑なのは浅い。

突き詰めること煮込むこと、味わい深いこと。

 

槍からパソコンに変わっても、どこまでいっても人間界は弱肉強食の世界。

食うか食われるの世界であるなら、常に健康で身体を鍛えておかないと「あいつは簡単に狩れる、あいつは蹴落とせる」と舐められる。

そもそも人間は生き物として、食物連鎖の中に居ることを忘れてはならない。

野性の生存本能があることを自覚し、オスならば戦場に立ち向かう獅子であれ。

 

札束でも殴れて、リアルでも殴れる気迫があれば漢。

 

 

FX

不動産投資

ポーカー

英語

プログラミング

 

統計学

心理学

筋トレ

栄養学

脳科学

 

まず稼げるようになってからだが、突き詰めたい分野はかなりある。

あー本の虫になりたい。

稼がにゃ。