FXの森

25歳フリーターがFXで稼ぐまでの軌跡

【GBPJPY/ポンド円】2017年1月18日水曜 -10.6pips いらんことした

 

無駄打ちしてしまった。

プラマイゼロの建値決済も指値ミスでマイナスだし、無駄に勝率を下げた。

まだエントリーを厳選できていないということ。

 

最初のポンドドルは操作ミスです。

f:id:kamogawa00:20170119011156j:plain

f:id:kamogawa00:20170119011200j:plain

f:id:kamogawa00:20170119011205j:plain

f:id:kamogawa00:20170119011207j:plain

f:id:kamogawa00:20170119011209j:plain

f:id:kamogawa00:20170119011212j:plain

ピンクは復習

朝イチで上を目指すがダメ。

上が壁になっているなぁ。

これだけの壁なら逆張りが有効か。

キリ番もあるので。

 

S1

STキリ番

高値切り下げ、上値重たし。

 

E1

直近押し安値で反発。

 

B2

ST直近押し安値レジした

 

E2

ピンクS1レベル

 

S3

S1と同じ

 

E3

E1と同じ

 

レンジなので大きい流れをやるのなら、1日監視している何もしない様子見デー。

 

f:id:kamogawa00:20170119015056j:plain

黄色はマイトレード

S1

STキリ番

これ逆指値置こうとしている時にヒゲで動いたのでビビった。

レンジ下抜けで、フラッグの頂点からの売り。

キリ番レジスタンスされたので、直近の下げの波に対しても半値押したので。

 

E1

損切り

ドル円が下げたので、引っ張られるかと思ったけどそうもいかず。

ポンドドルは下げ止まっていたので、抜け切らないじゃないか?とは思っていた。

ピンク丸の安値切り上げで決済して、また出直すべきだった。

フラッグを抜けたけれど、下げて走らないのでなんだか焦れったい展開。

下げが騙しというのもシナリオのうちだったが・・・。

途中で建値トレールにしたけれど、ヒゲの上下を見て、大きく伸びる下げを逃したくないと思って、キリ番にまたストップを戻す。

入り直せばいいという考えが消え去っていた。

ヒゲで惑わされた。

 

S2

ST直近戻り高値

これは少し急騰なので、反発すると読んでの逆張り

ここを超えたらもう完全にレンジに戻ったと判断する。

決め打ちで根拠少ない。

すぐに建値トレール。

 

E2

建値決済。

これはピンク丸のキリ番反発、トレンドライン上反発で投げるべきだった。

思い込みすぎた。

 

けっこう様子見したが、まだまだ忍耐が足りない。

相場をどうにかしようと思う甘さがある。

コントロールできるのは自分だけ。

それ以外は無理。

アドラー心理学を思い出せ。

あぁ、心理学を突き詰めたい。